地域のご紹介

栽培作物

栽培について

地域のご紹介
◎片品村の位置と耕作地
 群馬県片品村は関東地方の北部、栃木県、福島県、新潟県と接しています。
周囲を武尊山、尾瀬至仏山、日光白根山などの2,000m級の山に囲まれた自然豊かな村です。
 農地(耕作地)は標高700mから1,000mの河岸段丘にあります。
我が家の畑は片品川と小川(大滝川)に挟まれた標高約870mの段丘の平坦な場所にあります。
◎気 候
 片品村の気候は内陸型の気候で昼と夜の温度差が非常に大きいところです。年平均気温11℃、最高気温36℃最低気温-18℃、年間の温度差も大きいところです。
 1年間の降水量は1,100ミリ程度、積雪期間は12月から4月までの約120日間です。積雪量は多く我が家のトマト畑付近の根雪は1㍍以上です。夏は冷涼で比較的乾燥した晴天率の高い地域です。          
◎産 業
 片品村は観光業と農業が主な産業です。尾瀬、丸沼、武尊と多彩な観光地には、観光客が四季を通じてお客様が訪れます。農業は夏野菜の生産が盛んで、主な産物はトマト、大根、レタス、とうもろこし等です。
◎農家の生活
 積雪地帯のため冬季の農業には厳しい地域です。このため、農家の人たちの多くは村内のスキー場や約200軒ある宿でアルバイトやパートとして働いています。
◎交通アクセス
 首都圏からのアクセスは車では関越自動車道沼田インターチェンジより国道120号線で日光方面、新幹線では上越新幹線上毛高原駅よりバスで鎌田行き、JR在来線では沼田駅よりバスで鎌田行き。大消費地東京へ約3時間の立地にあります。
◎我が家のトマト畑の写真

◎片品村の観光地
尾瀬 丸沼 武尊
oze maunuma hotaka

栽培作物の紹介

 我が家では、トマト、花豆とインショップ直売用にミニトマトやメロンなど果菜類を栽培しています。お米は自家生産です。

◎主な栽培作物の概要(予定)
2018年産トマト
トマト画像
 

 ・栽培時期  4月から10月
 ・栽培面積  77.5アール
 ・主な品種  りんか409ほか

 

 ・栽培記録
   播種時期 3月下旬から5月上旬
   播種回数  3回
   収穫開始時期 7月中旬
   収穫終了  11月上旬

 トマトの栽培記録は随時更新しています。

栽培概要 | 作業メモ

2018年産大豆
大豆畑

 ”大白大豆”は、片品村で古くから栽培され
 ている大粒の品種です。
 みそ、豆腐や納豆などに加工すると甘みや
 香りが豊かなことから、今でも自家用の味
 噌を造る農家などで、特産として作り続け
 ています。
 我が家でも味噌にしたり、自家製の豆腐や
 きな粉にしています。

  都合により今年は作付けしません。

  ・栽培時期  6月から10月
  ・栽培面積  0アール(平成30年)
  ・主な品種  大白大豆
  ・播種日  毎年6月10日頃種蒔き

2018年産花豆
はなまめ

 紫花豆は冷涼な気候を好む作物です。
 高温だと綺麗な朱色の花は咲きますが受粉
 出来ずに実が付きません。
 花豆は縦幅3㎝以上の大粒ないんげん豆で
 皮が厚いので煮るのは大変ですが煮豆の味
 と食感は絶品です。
 甘露煮で食べるのが一般的ですが、最近で
 は甘納豆や羊羹などの加工品にもされてい
 ます。

 

  ・栽培時期  6月から11月
  ・栽培面積  8 アール
  ・主な品種  在来種選抜「紅秋麗」
  ・播種日   6月7日頃種蒔き。



栽培について
①栽培することへの集中。

私たちはお米や野菜を作ると言いますが、産み出すことはできません。種を播いて育てることを作る(生産する)といいます。ですから、作物を育てるには、日々の観察が重要で、葉や茎の大きさや形、根の張り具合などを毎日毎日把握して置くことが大切です。その上で気温や降水量、日照量などの気象条件や病気や害虫、雑草の発生などの条件に対応しながら施肥や防除、草取りなどを行います。こうした肥培管理が天候とうまくかみ合ったときに品質の高い(味や歯触りが良くて、色つやや形の良い)お客様に喜んでいただける最高の農作物が出来ると思っています。一歩でも最高の農産物に近づくことが出来るように技術の研鑽に努め、売ることは”販売のプロ”に任せてでも労力を栽培に集中しようと考えています。
また、今は農産物の価値判断を商品性あるなしで評価し過ぎると思っています。葉たばこや花卉など一部を除いて、ほとんどの農産物は食べ物であるという基本的なことを価値判断の基準として考えたいと思っています。

②適地適作と旬

 ただ人気があって、売れるからといって無理をした栽培をしてはならないと考えています。
その土地の自然条件に合った作物をその作物に合った肥培管理をすることが重要だと思います。それが、病気や虫に強く健康に作物が育つ条件だからです。無理をしなければ無駄な多肥や数多くの農薬散布をしなくて済みます。安全・安心な農産物作りの第一歩だと考えます。
昔から『身土不二』『一里四方』などと言われ、”適地適作”や”旬の野菜”など無理なく育ったものが体に優しく、美味しい農産物=食べ物だと信じています。

③農薬や化学肥料の使用

基本的には堆肥などの有機物を使い地力を高める努力をしています。しかし、品種改良された作物は、化学肥料を必要とし病害虫に対して農薬で防除することを前提として、柔らかかったり、糖度が高くなるように改良さたものだと考えています。だから、この土地にあった品種を見つけ、化学肥料や農薬に頼り切るのではなく。適量の化学肥料や農薬を使用して、品種の特性を全て引き出した美味しい野菜や果実を収穫したいと考えています。

④農産物情報の発信。

  昔から食べ物の”安全”は当たり前のことだと思っていました。昨今、食べ物の”安全・安心”が話題になるということは本当に悲しい事態だと思っています。
このホームページでは農家自身が農産物を売るための情報発信だけではなく、的確な栽培情報を発信していくことで、お客様に安心感を持っていただくことを目的としています。

◎関連の写真
ホーム TOP PHOTO
top1

top2

top3

top3

加工品・直売品
花豆缶   花豆実

トマトジュース